最初からやらない方がいいな…

自分の大好きなミュージシャンが覚せい剤などを使用していたとののしられたらとても悲しい気持ちなってしまう。麻薬や覚醒剤にはまってしまうミュージシャンは結構多い。 音楽を作るという作業はとても精神的苦痛を伴うものなので薬物に手を出したくなる気持ちもわからんではないが。覚醒剤や麻薬などは中毒性が強いものなのでいちど使ってしまうとなかなか止めることができない。中毒性が強い ものといったら盗撮行為も同じように中毒性が強いと言えるだろう。盗撮を繰り返していると盗撮をすることが止められなくなる。そして盗撮では満足できなくなりもっとエスカレートしてしまう。こうなってくると自分に歯止めがかけられなくなってしまうのだ。このような状態になってしまったもう手遅れだ。盗撮なんていう行為は覚醒剤や麻薬などと一緒で初めからやらないに越したことはない。ちょっとした気持ちでやってしまうとハマってしまうことになる。このようなことにハマってしまったら人生が終わってしまったと思っても間違いない。バレなきゃいいという問題ではないからだ。盗撮などという行為は他人にも迷惑かけてしまし最低卑劣な行為だ。このような行為をすることに磨きを掛けても誰からも尊敬されないしむしろ軽蔑されてしまうことを頭の中に入れといて欲しい。

Posted in 未分類 | Leave a comment

盗撮用ビデオカメラで稼ぐ男

俺の知り合いで輸入ビジネスをやって成功している人間がいるのだがこいつは最近ちょっと調子に乗っている。それなりの金を稼ぐようになってから生活にゆとりがでてきたからかもしれない。最近いろんなビデオカメラを集めているなどということ自慢してきた。どんなビデオカメラを集めているのかと言うとそれは盗撮用のビデオカメラだった。実際に自分もたまに盗撮をしてみるのだと言う。俺はそんなことはやめたほうがいいと忠告したがこいつは聞き入れる耳を持ってないだろう。痛い目にあわないとわからないようなタイプの人間だと思う。いくら優れたビデオカメラを使おうが盗撮されている光景を第三者が別のカメラで撮影したとしたらそれが証拠で捕まってしまうのである。盗撮というものは被害者の女性にバレなければいいというわけではない。周りにもいる人間にバレないようにうまく撮影しなければいけないのだ。盗撮で捕まっている人間は大抵、第三者の人間にばれてしまい通報 されていることがほとんどだ。だから本格的にやるのであれば誰にもバレないように完全犯罪をしなければいけないのだ。高機能で小型 なビデオカメラを手に入れたからといって 中途半端な気持ちで盗撮なんかをしていたらいずれ捕まることになるだろう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

盗撮で喜ぶ様な人間にはならないでもらいたい

借金地獄を経験した人間はとても強いハートを持っているだろう。そのような人間 は頑張り次第でいずれ成功するかもしれない。失敗から、データを得て それを自分の行動に生かしチャレンジすることをあきらめなければ誰でも絶対に成功 すると思う。あきらめなければ夢は実現するのだ。しかしモラルに反した夢を叶えようとしてる人間は幸せをつかむことはできないだろう。盗撮などをしている人間は救いようのないダメ人間だと思う。いつか自分好みの美人な女性 を盗撮したいなどという夢を叶えたいと思ってる人に幸せなど訪れる わけがない。目標設定は謝らないにしてほしい。痴漢や盗撮して喜んでるような人間に幸せなどは訪れるわけはないのである。楽して夢を叶えようなんて思ってる人間もダメだ。そんな気持ちで何かを成功させるとしても無理な話だ。まずはその甘ったれた根性を叩き直してほしいと思う。盗撮などを繰り返してやっていても素晴らしい人間には絶対になれない。逆にどんどんおかしな人間になっていくことだろう。盗撮や万引きなどの軽犯罪 を繰り返していくうちに人はストーカー行為などもやりたくなっていくのだと言われている。小さな悪い事を継続してやっているとおかしな人間になってしまうのだ。

Posted in 未分類 | Leave a comment

どんなに希望が無くても盗撮だけはしないで欲しい

無職でもニートでも生きる希望を失ってないのであれば頑張ってほしいと思う。人生うまくいかないことばかり。うまくいってるように見える人でも結構失敗しているものである。失敗することは悪いことではない。しかし人生ではやってはいけない失敗もある。それをちゃんと理解してる人とそうでない人では大きな差が生まれてしまう。痴漢や盗撮などで警察に捕まるような失敗してはいけない。このような失敗をしてしまうと人間的信用を失ってしまうからである。人間的価値が一気に下がってしまう。そうなると何をするにしても困ることになるだろう。今まで続けてこれから仕事を失う可能性だってなくはない。このような失敗はするだけとっても無駄なのである。致命的な失敗しないように気をつけてほしい。失敗するのであれば自分の能力を高めてくれる失敗をしたほうがいい。しかし人間的価値を貶める失敗はしてはならない。莫大な借金を抱えて しまうなどという失敗は未だ やり直す可能性があるので頑張ればいいと思う。しかし盗撮や痴漢をしてしまうと同情してくれる人間は誰もいないだろう。応援してくれる人間もいないかもしれない。そんな状況になりたくないのであれば痴漢や盗撮は絶対にしないようにしたほうがいい。

Posted in 未分類 | Leave a comment

盗撮と言う性癖

変な性癖を持った男性には気をつけたほうがいい。そんな男性と付き合った女性は絶対に不幸になる。変な性癖を持った男性とは絶対に結婚しない方がいい。だってそんな男性と付き合っていればいずれ変な行為を求められるに決まっている。そうじゃなきゃ浮気されるでしょう。自分のパートナーと満足できる関係おいしできないのなら絶対に浮気すると言える。だって満足したら浮気なんてするわけないでしょ。でも満足できないのであれば浮気する可能性高まるでしょう。過去にいちどでも盗撮をするなんて経験をしてる男性であったら特に注意しないといけない。結婚生活がいい感じになってきた時に盗撮などで警察に捕まってしまったらとんでもないことになってしまう。そんなことをしてしまうような男とは結婚しない方がいいだろう。どんなにその人が男前で甲斐性があったとしても盗撮が好きなどと言う変な趣味があるのであれば不幸な人生に付き合わされる可能性が高い。それ以上に満足させてもらえる魅力があるのであればそのような男性となかなか出会えないので結婚してもいいかもしれないが苦労するのはあなただ。相手の上面だけを見て結婚するのはやめておいたほうがいい。相手がどのような人間なのか本質を見極めてもいないのに結婚をしてしまうというのはどうかと思う。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ビデオカメラが進化しすぎてる!

ビデオカメラがびっくりするぐらいすごいものになっている。とっても小さなものになってるし映像なんかもそこそこきれいに写すことができる。しかもびっくりしちゃうのは値段。こんなに高性能なのに1万円ちょっととかで買えちゃう。形とかもう実にいろんなものがあって知らない人が見たらビデオカメラだなんて絶対に思わない。こんなのがあったら探偵なんていらなくなっちゃうじゃないかな。もちろんプロの探偵 もこういうアイテムを使ってるんだろうね。ボールペンの形をしたビデオカメラなんて絶対にばれるわけないよね。しかもこれ本当にボールペンとしても使えるの。これで簡単に文字とかもかけちゃうからびっくりだよね。これだけ小さなビデオカメラが今作れてるのだから今後もっとちいちゃくてカメラだと見分け がつかないものができてくるんだろうな。これって凄いことなんだけど逆に考えると怖いよね。自分がいつ盗撮されているかわからないんだからね。犯罪なんかも少なくなるかもしれないけど恥ずかしい映像なんかも世の中にたくさんでもあるのかもしれないね。良い面もあれば悪い面もあると思うよ。そして警戒心というものがより強くなると思うな。こんなものが街に溢れたら簡単に人のことを信じれなくなっちゃうよ。

Posted in 未分類 | Leave a comment

トイレでの盗撮を考える

知り合って間もない男性の自宅に遊びに行くときは気をつけてほしいことがある。それは相手の男性がどんな男性なのかを知ることだ。当たり前のことを言ってるんじゃないと思われるかもしれないが人間というものは他人に対して全てをさらけ出すものではない。それを忘れないでほしいのだ。あなたにはいい一面しかさらけ出さないようにしているのかもしれないということを考えて欲しい。もしかしたらその男性が盗撮などをする趣味があったとしたら最悪だろう。そこまで人を疑ったら人を信じることが出来ないなどと思ってしまうかもしれないがこれが事実なのだ。実際に盗撮などをする人間はいるし痴漢をする人間も存在する。仲良くなった男性がそのような趣味を持ってないとは言い切れないのだ。もしかしたらあなたを自分の自宅に招いてトイレで盗撮をしているかもしれない。今は誰でも簡単に小型のビデオカメラを使って盗撮することができる。このようなカメラをネット通販などでとても簡単に購入することができるのだ。知識と行動力さえあれば誰でも盗撮することができる。だから注意する気持ちを忘れないでいてほしい。付き合う前まではそんなことは全然知らなかったが付き合ってたらその男性が趣味で盗撮をしていたという事実を知らされるなんて経験をしている女性も現実にいるのだ。

Posted in 未分類 | Leave a comment

盗撮好きは病気だ

病名がつくような病気にはかかっていないけれど客観的に見たら異常な部類に入る人間がいる。痴漢や盗撮などをするような人間はまさにそういう部類の人たちだろう。もし自分の大好きな男性側そのような部類の人間であったとしたら。人にはいろんな一面があるので友達などからいろんな話を聞いて相手の男性の本質を見抜く必要がある。もしかしたらあなたには都合の良い一面しか見せていない可能性もあるからだ。そんな状態で結婚してしまい結婚生活を続けていってどうなるだろうか。いずれ本性を隠しきれなくなり盗撮などをしてしまうだろう。そしてそんなことを続けていたら警察に捕まることもあるかもしれない。そんなことになってしまったらあなたの人生までおかしくなってしまうのだ。あなたの好きな男性は盗撮などの趣味がないとはっきり言い切れるだろうか。好きになるのは個人の勝手だが結婚する相手としてふさわしいかどうかをちゃんと調べないといけない。相手の人間のいい面ばかりを見ようとしているとろくなことにならないだろう。悪い面はどんなところがあるのだろうか。そこも本人と会話したり友人や家族の話を聞いたりして知る必要があると思う。もしかしたらあなたの好きな男性は盗撮や痴漢をしているような人間かもしれないのだから。

Posted in 未分類 | Leave a comment

結婚する前に性癖を確認した方が良い

結婚したい位好きな男性がいる女性はもっと深く相手の男性を知る必要があると思う。もちろんすべてを知ることは不可能かもしれないがある程度のことしておかないと大変な目にあう可能性があるからだ。相手の男の性癖ぐらいはきっちりと理解しておくようにしよう。そうしないと結婚生活を一緒に歩んで行くことが困難になっていく可能性もある。もしその男に異常な性癖があったとしたら。実は盗撮などをしてるような人間だったとしたら。そのような変な趣味を持ってる人間だとどんなトラブルを巻き起こすかわからない。そのようなものの道連れにされてしまったら人生が台無しになってしまう。これは男だけの問題なのではなくて2人の問題になるのだから疎かにしないでしっかりと考えてほしい。多分大丈夫だろうなんていう根拠のない理由で自分をごまかしてはいけない。自分がどうしても納得できない部分があるのなら結婚をするのはやめておいたほうがいいだろう。そんなことを考えていたら一生結婚なんてできない、失敗をどんなふうにでもつきものだ、なんて言うふうに考えられる人であればすぐにでも結婚すればいいだろう。しかし人生にはしてはいけない失敗もあるのだということをわかっておいてほしい。そういうことも踏まえて一緒に生活とともにできる人であれば結婚してもいいのではないかと思う。

Posted in 未分類 | Leave a comment

盗撮犯を捕まえるシステムを作って欲しい

ものというものは使い方によっては自分を守ってくれるものになったり他人を傷つけてしまうものになってしまう。小型のビデオカメラなんかは上手に利用すれば防犯対策としては最高のアイテムになる。しかし女性などの下着を盗撮するために使用すれば被害にあった女性の心を傷つけてしまう。便利なものが生まれると生活がより快適になるが使う人のモラルが問われてしまう。このような便利なアイテムを使えば盗撮をすることは誰にでも容易なことだ。しかし盗撮をされた相手の気持ちを考えてほしい。それを想像してなおかつ盗撮するような人間はどうしようもないクズ人間だと思う。そのような人間を減らすためには盗撮をした人間に対する処罰を厳しくする必要があると思う。二度と盗撮なんかしたくなくなるような罰を与えるべきだ。そして駅やエスカレーター付近などの警備はもっと強化して盗撮犯などをすぐに捕まえられる体制を作っていった方がいいと思う。それか盗撮や痴漢が多発するような場所には監視カメラを設置して威圧をかけるのも1つの手だと思う。誰にも見られてないだろうという安易な思い込みがあるから盗撮をしてしまうのだろう。それをなくすために監視カメラを設置すれば盗撮の被害を少なくなのではないだろうかと思う。

Posted in 未分類 | Leave a comment